ふかざわ小児科 風邪に抗生剤(抗生物質)は危険です(米国小児科学会)「 風邪に抗生剤(抗生物質)は危険です(米国小児科学会) 」

福岡県福岡市東区 ふかざわ小児科

ふかざわ小児科は、子どもの病気をすべて診ます。電話番号:092-661-8122

ふかざわ小児科・アレルギー科
サイト内検索

前日の夜7時から当日の朝7時20分までは、パソコンや携帯電話から予約できます。


地図を確認する
予防接種のお勉強!
KNOW-VPD!VPDを知って、子どもを守ろう
COPYRIGHT(C)
FUKAZAWA CLINIC ALL RIGHTS RESERVED.

ふかざわ小児科

トップへ

お電話でのお問合せご予約はこちらまで!【電話番号】092-661-8122

風邪に抗生剤(抗生物質)は危険です(米国小児科学会)

関連コラム:
風邪(かぜ)に抗生剤(抗生物質)は有害です
子供を抗生剤(抗生物質)の危険から守る
風邪に抗生剤(抗生物質)は危険です(米国小児科学会)
風邪に抗生剤(抗生物質)は効きません!
抗生剤(抗生物質)と腸内細菌と子供の病気
過剰な心配が 過剰な抗生剤治療につながります
抗生剤(抗生物質)とサミット宣言

米国の小児科学会が作成した一般向けのパンフレットを翻訳しました。非常に役立ちます。

あなたのお子さんと抗生剤(抗菌薬):不必要な抗生剤(抗菌薬)は有害です
Your Child and Antibiotics:Unnecessary Antibiotics CAN Be Harmful
米国小児科学会

抗生剤について
抗生剤は最も強力で大切なお薬です。適切に使われるときには命を救うこともありますが,不適切に使われるとあなたのお子さんにとって有害にもなります。抗生剤はウイルス感染症に使用されるべきではありません。

細菌とウイルス
2種類の病原体(細菌とウイルス)が,ほとんどの感染症の原因です。実際には,ウイルスがほとんどの咳や咽頭痛,そしてすべての感冒(かぜ)の原因です。細菌感染症は抗生剤で治療することが出来ますが,ウイルス感染症は決して抗生剤では治せません。ウイルス感染症のときには,あなたのお子さんは病気自身の経過をたどって自然に治っていきます。

耐性菌
多くの細菌に抗生剤が効きにくくなっています(耐性菌とよびます)。この耐性菌は通常の抗生剤で殺すことができません。耐性菌に感染すると,入院して静脈注射が必要となったり,ときにはどんな治療でも治せなくなったりすることがあります。抗生剤が使用されればされるほど,あなたのお子さんが耐性菌に感染する機会が増えることになります。 どうやって細菌は耐性化するのでしょうか?
抗生剤が使われると,抗生剤に効く菌(感受性菌)だけが殺されます。しかし,抗生剤が効かない耐性菌は生き残って増殖を続けます。抗生剤を繰り返し使用したり,不適切な使用を続けたりすると,耐性菌が増えることになります。これらの耐性菌は,家族や地域の人達にも拡がっていきます。

抗生剤が必要な場合は,そして必要でない場合は?
この難しい質問に対して,あなたの主治医がきちんとした診断に基づいてお答えするでしょう。いくつかの例を示します。

  • 中耳炎:いくつかの種類があり,抗生剤が必要な場合と,必要でない場合があります。 副鼻腔炎(蓄膿症:濃い緑色の鼻汁(青ばな)の子どものほとんどは,副鼻腔炎ではありません。抗生剤は発熱や痛みが続く一部の重症例にだけ必要になります。
  • 気管支炎:小児の気管支炎に抗生剤が必要となることはほとんどありません。
  • 咽頭炎:ほとんどがウイルス感染症であり抗生剤は必要ありません。溶連菌感染による咽頭炎だけが抗生剤による治療が必要となります。この溶連菌の感染は簡単な検査で診断できます。
  • 感冒(カゼ):感冒はウイルス感染でおこり,ときには2週間以上続くことがあります。抗生剤は感冒には効果がありません。主治医は病気の経過中,快適に過ごせるように助言をしてくれるでしょう。

感染症は変化することがあります
ウイルス感染症のあとに細菌感染症が続発することもあります。しかし,抗生剤でウイルス感染症を治療しても細菌感染症を予防することはできません。むしろ,耐性菌による感染症を引き起こす危険性があります。もし,病気が悪くなったり長引いたりしているなら,主治医に説明をしてもらってください。

よくある質問
◆抗生剤が効かない耐性菌からどうすればわが子を守ることができるでしょうか? 主治医が抗生剤を必要だと判断した場合だけ,抗生剤を使用して下さい。
抗生剤で,ほとんどのカゼ・咳・のどの痛み・あるいは鼻水を治すことはできません 子どもさんは自分自身の力でカゼから治っていきます。
◆鼻汁の色が透明から黄色や緑色にかわったら,抗生剤が必要なるのでしょうか?
黄色や緑色の鼻汁があっても,子どもさんが細菌に感染したわけではありません。ウイルス感染の経過中に鼻汁が濃厚になったり色が変わったりするのは普通のことです。
◆わが子に抗生剤を与えてはいけないということなのでしょうか?
抗生剤は大変強力な薬で,細菌感染症に対してのみ使用すべきです。もし,抗生剤が処方されたならば,きちんと飲み終えるようにしてください。決して後に使おうと取っておくようなことはしてはいけません。
◆どうしたら,わが子がウイルス感染か細菌感染か知ることが出来るのでしょうか? あなたの主治医におたずねください。もし,あなたがわが子に治療が必要と思われるならば,あなたの主治医と相談してください。
でも忘れないで下さい。感冒(カゼ)はウイルス感染が原因です。そして抗生剤で治療してはいけません。

以下の私の書いたコラムも参照してください。

vol119  「カゼ」には抗生剤は効きません
vol 123 蓄膿(副鼻腔炎)の治療は必要ですか?
vol 136 中耳炎の治療は必要?
vol 138 抗生剤と腸内細菌

私たちのグループで作成した抗生剤の適正な使用のための
ガイドランを紹介します。
医師向けに作成していますがお役にたてると思います。
「小児上気道炎および関連疾患に対する抗菌薬使用ガイドライン」http://www004.upp.so-net.ne.jp/ped-GL/GL1.htm