ふかざわ小児科 日本脳炎ワクチン 受ける? 受けない?「 日本脳炎ワクチン 受ける? 受けない? 」

福岡県福岡市東区 ふかざわ小児科

ふかざわ小児科は、子どもの病気をすべて診ます。電話番号:092-661-8122

ふかざわ小児科・アレルギー科
サイト内検索

前日の夜7時から当日の朝7時20分までは、パソコンや携帯電話から予約できます。


地図を確認する
予防接種のお勉強!
KNOW-VPD!VPDを知って、子どもを守ろう
COPYRIGHT(C)
FUKAZAWA CLINIC ALL RIGHTS RESERVED.

ふかざわ小児科

トップ
お電話でのお問合せご予約はこちらまで!【電話番号】092-661-8122

日本脳炎ワクチン 受ける? 受けない?

 日本脳炎ワクチンは、ADEM(アデム)と呼ばれる重篤な副反応の疑いを理由に2005年から中止されています。ただ、保護者の同意書があれば接種することは認められています。
このため日本脳炎ワクチンを受けるのがよいのか、受けないでよいのかよく質間されます。
この質問は予防接種を理解するためにとても重要なので詳しく考えてみましょう。

ポリオで考える
 かって、ポリオは世界中で流行していました。日本でも1960年に6500名も発症し国民はパニックになりました。このときは非常事態として旧ソ連から1300万人分ものポリオワクチンが緊急輸入され、翌年からポリオは消えてしまいました。このようにすばらしい効果を持つワクチンなのですが、病気がなくなるとワクチンで数百万人に一例ほどポリオが発症するわずかな副反応が問題となってきます。
 ワクチンの必要性は、ワクチンによる利益と不利益を天秤にかけて判断しなければいけません。ポリオワクチンでは昔は圧倒的に利益が不利益を上まわっていました。それでも現在ではこの判断が微妙になってきているのです。ただ、人から人へ感染するポリオでは簡単にワクチンを中止することはできません。将来地球上からポリナが消滅したことが確認されたときに、ワクチンも廃止されることになります。

日本脳炎では?
 日本脳炎は、かつては毎年1000名以上もの患者が発症し、1966年には2017名となっています。その後、日本脳炎の患者が激減し、この10年間では毎年5名前後となっています。特に、小児の患者数は10年間でわずか2名です。この患者の減少にワクチンが大きな働きをしたことは間違いありません。しかし、日本脳炎ワクチンとの関連が疑われるADEMと呼ばれる小児の脳障審の患者が毎年1名程度みられています。厚労省は重症のADEMの患者が出たことをきっかけに、2005年から日本脳炎ワクチン接種を中止しました。
 これに関して小児科医の間でもたくさんの意見が出ています。今でも豚は日本脳炎ウイルスに感染しているため、日本脳炎ワクチンが「必要」とする意見が多いようです。
 それでは日本脳炎ワクチンの必要性を天秤にかけて判断してみましょう。小児の患者数はこの10年間で2名であること、日本脳炎ワクチンの接種率が80%程度であったことから日本脳炎ワクチンを完全に中止した場合には発症率が5倍となり、10年で10名の発症となることが予想されます。ワクチンの利益は毎年1名の発症を予防することになります。しかし、日本脳炎との関連が疑われるADEMの発症数も年間1名程度でワクチンの不利益もほぼ同程度となります。こうなると天秤はどちらにも傾かず、判断ができない状態有のです。

日本脳炎ワクチンを受ける?受けない?
 私は現在の日本脳炎ワクチンを積極的に接種する必要はないと考えています。来年以降に導入予定のADEMが発症する可能性が低い新しいワクチンを特たれることをすすめます。もちろん、別の考えもあるので主治医の先生とご相談ください。

追記
2009年6月以降は従来のマウス脳由来のワクチンから乾燥細胞培養ワクチンに変更され,ADEM等の発症は他のワクチンと変わらなくなっています。他のワクチンと同様,積極的なワクチン接種をおすすめします。