ふかざわ小児科 子供の発熱と菌血症(潜在性菌血症)「 子供の発熱と菌血症(潜在性菌血症) 」

福岡県福岡市東区 ふかざわ小児科

ふかざわ小児科は、子どもの病気をすべて診ます。電話番号:092-661-8122

ふかざわ小児科・アレルギー科
サイト内検索

前日の夜7時から当日の朝7時20分までは、パソコンや携帯電話から予約できます。


地図を確認する
予防接種のお勉強!
KNOW-VPD!VPDを知って、子どもを守ろう
COPYRIGHT(C)
FUKAZAWA CLINIC ALL RIGHTS RESERVED.

ふかざわ小児科

トップ
お電話でのお問合せご予約はこちらまで!【電話番号】092-661-8122

子供の発熱と菌血症(潜在性菌血症)


子ども(こども)の発熱のほとんどは、治療の必要のない、あるいは治療の方法がないウイルス感染による「カゼ」です。 しかし、子どもの発熱のなかには稀に「菌血症」,「潜在性菌血症」が紛れ込んでいます。日本ではほとんど知られていませんでしたが、私たちのグループの3人の小児科医が協力して5年前から菌血症の調査を続けてぎました。

菌血症とは?
熱がある子どもの血液を培養すると細菌が見つかることがあります。普段は「のど」に住んでいる細菌が、偶然に血管の中に侵入したと考えられています。年齢が低い3歳未満の子どもによく見られます。また39℃以上の高熱のときによく見られます。決して多くはありませんが「菌血症」は重症な細菌感染症の前段階なのです。
 この「菌血症」から他の重症な病気、例えば細菌性髄膜炎などに移行することがあります。しかし「菌皿症」の段階で抗生剤を点滴で十分に使えば、重症化をある程度予防できます。ただ、熱がある子どもが「菌血症」なのか「カゼ」なのがの判断は簡単ではありません。

菌血症の発症頻度は?
 私たちのグループで調べてきた結果を紹介します。3歳未満の39℃以上の発熱児で、白血球数が15000以上のときに血液の細菌培養をすると5%ほどで「菌血症」が見つかりました。3歳未満で、39℃以上の発熱児全体では2%程度に「菌血症」が起こっていることになります。日本全体では毎年2万5千人程度発症していることになります。

菌圃症の原因菌は?
「菌血症」の原因の80%は肺炎球菌です。残りの20%はインフルエンザ菌b型(Hib・ヒブと呼ばれています。冬に流行するインフルエンザウイルスとは違います)が原因です。どちらも「のど」に住んでいる普通の細菌です。 肺炎球菌による菌血症では内服の抗生剤では重症化を防げませんが、抗在剤を点滴で投与すればほぼ1OO%治すことができます。しかし、Hibによる菌血症では抗生剤の点滴を行っても50%程度が細菌性髄膜炎を発症します。
 日本では肺炎球菌の菌血症が毎年2万人ほど発症し、200名ほどが細菌性髄膜炎となっています。Hibの菌血症は3千人ほど発症し、1000名ほどが細菌性髄膜炎となっています。細菌性髄膜炎になると20%程度は死亡し、30%程度で後達症が残ってしまいます。

菌血症は抗生剤で防げるの?
発熱の大半はウイルス性のカゼなので抗生剤を飲んでも何の効果もありません。ただ、重症の細菌感染症になるのを予防するために内服の抗生剤がよく処右ざれています。しかし、肺炎球菌の菌血症でも、内服の抗生剤では重症化を防げません。Hibでは抗生剤を点滴で投与しても半数が髄膜炎を発症してしまいます。
このように、発熱のときにあわてて抗生剤を飲むことに意味はありません。むしろ抗生剤の多用で、抗生剤が効かない耐性菌が増え、本当に抗生剤の治療が必要な細菌性髄膜炎などの治療が困難になっています。

予防接種があります
菌血症に内服の抗生剤で対応はできません。しかしワクチンがあります。海外ではHibワクチンは20年前がら、肺炎球菌ワクチンが6年前がら実用化されていτ菌血症や髄膜炎は消えてしまっています。日本でもHibワクチンは今年の夏がら導入が予定されています。肺炎球菌ワクチンはまだ先の話です。日本はワクチン後進国なのです。