ふかざわ小児科 子供の喘息発作で困らないために「 子供の喘息発作で困らないために 」

福岡県福岡市東区 ふかざわ小児科

ふかざわ小児科は、子どもの病気をすべて診ます。電話番号:092-661-8122

ふかざわ小児科・アレルギー科
サイト内検索

前日の夜7時から当日の朝7時20分までは、パソコンや携帯電話から予約できます。


地図を確認する
予防接種のお勉強!
KNOW-VPD!VPDを知って、子どもを守ろう
COPYRIGHT(C)
FUKAZAWA CLINIC ALL RIGHTS RESERVED.

ふかざわ小児科

トップ
お電話でのお問合せご予約はこちらまで!【電話番号】092-661-8122

子供の喘息発作で困らないために

(関連コラム 小児喘息(子供の喘息)に長期治療は必要ですか?

夜間の喘息発作で困らないために. 深夜の急患センターには、喘息の発作で苦しんでいる子ども(こども)たちがやってきます。ほとんどの子どもたちは我慢して夜にひどくなってから受診してきます。何とか夜中の喘息発作を防ぐ方法はないのでしょうか?

重症の患者は非常に少ない!
喘息患者のほとんどは、年に数回の発作しかない軽症の患者です。何度も喘息発作を繰り返す重症の患者はほんの一部なのです。私の医院でも90%以上は軽症の患者です。重症患者が多かった20~30年前とは大違いです。

軽症の患者の管理は難しい!

有効な治療薬が登場してからは、重症患者の管理は非常に簡単になりました。毎日薬を飲み、吸入をしていれば完全に発作を抑えることができます。しかし、稀にしか発作を起さない患者の管理は大変なままです。もちろん、重症患者と同じように毎日薬を飲み、吸入をしていれば発作は起きないでしょう。しかし、年に数回の発作を予防するために毎日治療を続けることは不可能です。特別に心配性の人を除いて、ほとんどの場合、本人も親も途中で治療をやめてしまいます。私が患者であっても毎日続けることはできないと思います。

軽症の患者の治療法は?
誰もが納得できる治療法は、発作が起こったときに、できるだけ早期に治療を開始することでしょう。喘息発作は、治療の開始が遅くなればなるほど治療が困難になります。火がついたマッチが畳の上に落ちたときに、すぐに踏みつければそれでお終いでしょう。しかし、カーテンまで、あるいは天井まで燃え広がるとどうしようもなくなるのと同じです。

早期の治療開始に必要なことは?
(1)常に非常薬を持っておく。1~2年ほど発作がなくても非常薬を持っていてください。非常薬には内服薬と吸入薬がありますが、吸入薬のほうが即効性もあり有効です。特にスプレー式の吸入薬は長期保存もでき、簡単な吸入補助器(無料のものもある)で乳児でも使用でき便利です。
(2)喘鳴(ゼーゼー・ヒューヒュー)や咳が始まったときは直ちに吸入を開始する。このときに、喘息発作なのか?カゼの咳なのか?を区別する必要はありません。カゼの咳のときに吸入をしてもなにも問題はありません。しかし、喘息の始まりのときは、吸入の開始が早ければ早いほど喘息の重症化を抑えます。
(3)初期に2~3回の吸入を繰り返す。1回の吸入後も、喘鳴や咳が続き喘息が疑われるときは、20分~30分間隔で2~3回まで吸入を繰り返してください。同時に内服薬も開始しもよいでしょう。ただ、吸入薬の種類により安全な吸入間隔や回数は違います。また、その後の吸入回数や内服薬の開始時期も担当医の指示に従ってください。

ほとんどの喘息発作は家庭で管理ができる時代です。喘息発作で深夜に急患センターを訪れる子どもを減らしたいですね。