ふかざわ小児科 子供(子ども,こども)の鼻みずと副鼻腔炎(蓄膿症)「 子供(子ども)の鼻みずと副鼻腔炎(蓄膿症) 」

福岡県福岡市東区 ふかざわ小児科

ふかざわ小児科は、子どもの病気をすべて診ます。電話番号:092-661-8122

ふかざわ小児科・アレルギー科
サイト内検索

前日の夜7時から当日の朝7時20分までは、パソコンや携帯電話から予約できます。


地図を確認する
予防接種のお勉強!
KNOW-VPD!VPDを知って、子どもを守ろう
COPYRIGHT(C)
FUKAZAWA CLINIC ALL RIGHTS RESERVED.

ふかざわ小児科

トップ
お電話でのお問合せご予約はこちらまで!【電話番号】092-661-8122

子供(子ども,こども)の鼻みずと副鼻腔炎(蓄膿症)

関連コラム:
子供の副鼻腔炎 (蓄膿)の治療は必要ですか?
子どもに蓄膿症(副鼻腔炎)はありません

最近は、鼻みずをたらした子どもを見かけることは少なくなりました。それでも子どもの鼻みずはお母さんにとって悩みの種のようです。
鼻みずはウイルス感染によるカゼやアレルギーなどが原因になります。この鼻みずが鼻の奥からのどに流れると、しつこい咳や、のどの痛みを起こします。
鼻みずは最初さらさらとした水のようですが、だんだん緑黄色のドロッとした青ばな(青っぱな)に変わっていきます。これは正常な免疫反応により白血球が増えてきたためなので心配はいりません。
色のついた鼻みず(青っぱな)がでてくると、副鼻腔炎(蓄膿症)をよく心配されます。ただ子どもの副鼻腔炎には誤解が多いようです。カゼのときに副鼻腔のレントゲンを撮ると、よく副鼻腔に影がみつかり、副鼻腔炎を起こしていることがわかります。ただこの副鼻腔炎の多くは一時的なもので、ほとんどは治療しなくても自然に治っていきます。
子どもの副鼻腔炎では、大人のような顔の腫れや痛みなどの症状があり、緊急に治療しなければいけない重症の副鼻腔炎はほとんどありません。さらに10歳を過ぎると自然にみられなくなります。
このため、アメリカでの副鼻腔炎の治療方針は、膿性の鼻みず(青っぱな)があっても、2週間以上続いていなければ抗生物質を使った治療をしないというものです。抗生剤の使用を制限して、抗生剤が効きにくい耐性菌が増えることを防ぐためです。
小児のアレルギー性鼻炎は抗アレルギー剤などで治療します。ただ治療中はよくなりますが、中断するとすぐにもとに戻ってしまいます。小児では長期間の治療を続けることは難しい(長期の治療を子どもが嫌がる、喘息のように重症感がない)ため、症状が強いときにだけ治療することが現実的でしょう。
赤ちゃんはよく鼻がつまります。鼻がつまると夜中に目を覚ましたり、哺乳中にうまく息つぎができずオッパイやミルクの飲みが悪くなることがあります。ただこれはある程度しかたがありません。鼻づまりで命にかかわることはありません。また赤ちゃんにとって安全でかつ鼻づまりをピタッと止める薬もありません。
最近は、赤ちゃんの鼻みずをとる器具がいろいろ市販されています。スポイドタイプより口で吸うタイプのものが使いやすいようです。お風呂上りに生理食塩水などを、赤ちゃんの鼻にさした後で吸ってあげるのがよいでしょう。