ふかざわ小児科 アトピー予防とたまご制限「 アトピー予防とたまご制限 」

福岡県福岡市東区 ふかざわ小児科

ふかざわ小児科は、子どもの病気をすべて診ます。電話番号:092-661-8122

ふかざわ小児科・アレルギー科
サイト内検索

前日の夜7時から当日の朝7時20分までは、パソコンや携帯電話から予約できます。


地図を確認する
予防接種のお勉強!
KNOW-VPD!VPDを知って、子どもを守ろう
COPYRIGHT(C)
FUKAZAWA CLINIC ALL RIGHTS RESERVED.

ふかざわ小児科

トップ
お電話でのお問合せご予約はこちらまで!【電話番号】092-661-8122

アトピー予防とたまご制限

 赤ちゃんのアトピー性皮膚炎に食べ物によるアレルギーが関係していることがわかってきました。このためアトピーの予防に赤ちゃんや母乳を与えているお母さん自身も食事制限をすることが増えてきています。ただ行き過ぎた食事制限によって赤ちゃんが栄養障害をおこすことも報告され問題になっています。

 アレルギー予防のための食事制限がほんとに良いことなのか行き過ぎなのか?また食事制限をするなら何を制限したらよいのか?いままでその根拠がはっきりしていませんでした。これに答えるためにはアトピーの赤ちゃんだけではなく、赤ちゃん全体のアレルギー調査が必要です。しかしこれまでこのような調査は行われていませんでした。

 そこで10ヵ月健診のときに多くのお母さんの協力を得て150名の赤ちゃんでアレルギーの検査をおこないました。このうちの約半数はアトピーの患児でした。アレルギー検査は直接皮膚での反応をみるプリックテストをおこない、卵・牛乳・大豆・ダニについて調べました。

 その結果は私の予想を大きく超えるものでした。卵アレルギーが赤ちゃん全体の50%でみられ、その他のアレルギーは5%以下でした。またアトピーを持つ赤ちゃんの80%、正常の赤ちゃんでも20%で卵アレルギーが見られました。

 この結果は何を教えてくれるのでしょうか?卵アレルギーが赤ちゃんの半数にもあること、またアトピーとの関係もはっきりしていることから卵が赤ちゃんにとって好ましい食品でないことは明らかです。アトピーを予防するため赤ちゃんや母乳を与えているお母さんが卵制限をすることは決して間違いではないでしょう。むしろ積極的に卵制限をすすめていく必要があるのではと思われました。

 最近はさまざまな食品に卵が添加されています。赤ちゃんにはできるだけ加工食品を避け素材のはっきりした新鮮な食べ物を与えるようにしてください。

 もちろんアトピーの原因は卵だけではなく多くのことが関係しています。このため今回の結果だけで卵制限の有効性が証明できたわけではありません。早期から実際に卵制限をおこなった調査結果がでましたらまた報告したいと思います。